FC2ブログ
2019年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2015.10.22 (Thu)

ウィーン&パリ旅行記2015 ③

ザッハートルテもいただいて既にウィーンに
来て良かったぁ~ぐらいになっていました。

お腹を満たした後はこの日の一番の目的だった
クラシック演奏会の会場となるコンツェルトハウスに
向かいました。

その前にザッハーの目の前にそびえたつ
オペラ座もしっかりと外から見学。
DSCN2605.jpg
こちらがザッハー。
DSCN2572.jpg
こちらがオペラ座。
DSCN2604.jpg
中に入るとこのように会場に続く階段がいくつもあります。
DSCN2570.jpg
とても街の中に溶け込んでオペラ座があります。


さらに足を進めるとウィーン・フィルの本拠地の
楽友協会もありました。
DSCN2574.jpg


そして、目的地に到着。
外観はとても落ち着いた様式の建物で
音楽ホールのようには感じられませんでしたが
中に入ってビックリ。素晴らしすぎる会場でした。
DSCN2577.jpg

演奏会の内容は以下の通りです。
【曲目】
ハイドン:交響曲第92番ト長調Hob. I:92「オックスフォード」
モーツァルト:交響協奏曲変ホ長調KV297b
ベートーヴェン:交響曲第1番ハ長調op.21

指揮=クリストフ・エッシェンバッハ
交響楽団=ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

以前にこのブログ内でベートーヴェンの第一番に
はまっていると書いたことがありました。
そのはまりはずっと続いていて、一度生で聞きたい!と
思っていました。この旅行を決めるとき他に行きたい
街の候補はあったもののウィーンで第一番が演奏されるのを知って、
それならばウィーンだ!と決めたぐらいでした。
なので、ウィーンに来た決め手は第一番が聞けるからでした。
なんとも今までの自分では考えられないような事ですが
第一番の生を音楽の都ウィーンで聞けるのを
心の底から楽しみにしていました。

そして、あのウィーンフィルによる演奏での第一番。最高でした。
ド素人ではありますが、音そのものの美しさに本当に驚きました。
ハイドン、モーツァルトの時点で曲の云々よりも
本当に音の美しさに引き込まれていました。
その興奮をおびて聞いた第一番は、予習のCDとは
また違う雰囲気が醸し出されていました。
指揮者のバッハさんの勢いと、ウィーンフィルの方たちの
ラフなのに力強い演奏が今まで感じたことのない第一番を
味あわせてくれたんだろうと思います。
初めての第一番の生は本当に心躍る音に巡り会えました。
DSCN2597.jpg
豪華な会場。

DSCN2592.jpg
完璧に異世界です。
DSCN2580.jpg
私が演奏を聞いていた席です。なんと横席の一番前。
DSCN2594.jpg
休憩時間ではウィーンでポピュラーなメランジェをいただきました。美味しい~。


お腹の後は、心の中まで美しい音で満たされました。
満たされたまま、街を少し散策しながらチェックインをするためホテルへ。
そしてすぐにまた夕食をとるため街にくりだしますが本日はここまで。
初日長すぎますね。
DSCN2602.jpg
コンツェルトハウスのロビーにいらしたベートーヴェンさん。
DSCN2603.jpg
コンツェルトハウスの目の前の小さな公園にいらしたベートーヴェンさん。
DSCN2609.jpg
散策の途中の公園にいらしたモーツァルトさん。
DSCN2542.jpg
そして再び王宮付近に戻ってきました。
DSCN2610.jpg
上の門と反対側の広場にいらしたマリア・テレジアさん方。
スポンサーサイト



23:51  |  旅行・プチ旅・散策  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://maimayispitz.blog50.fc2.com/tb.php/2042-af704321

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |