2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017.10.13 (Fri)

デントン旅行記7

デントン5日目後半。
朝からお昼までデントンの中心を散策した後は
再び大学へ。この日のメインイベントが大学でありました。
それまでの時間をゆっくり大学で過ごしました。
カフェでお茶をしたり、大学ショップでお土産を探したり
大学見学をされている人たちに紛れて大学のマスコットの
像と写真を撮ったり。
その途中でちょっと遅めの昼食も大学内でとりました。
昨年訪れたときにも行った韓国料理店へ。
ここのお料理がとっても美味しかったので今回も行けて
嬉しかったです。今回はビビンバとプルコギ。
どちらもボリューム満点、変わらずとっても美味しかったです。
IMG_1199.jpg
鷹の愛人のような設定で座ってみました。

IMG_1202.jpg
ビビンバセット。美味しい~。

IMG_1203.jpg
プルコギセット。美味しい~


お腹が満たされた後はメインイベントまで
時間はまだまだたっぷりある~なんて思っていたら
意外とあっという間にメインイベントの時間に。

知人の同僚と合流してメインイベントの会場へ。
メインイベントはフットボールの試合の応援でした。
フットボールを見たことがなかったので、もしもそんな
機会があればぜひ見てみたい!と思っていたら
今回たまたま週末に試合があり、観戦&応援が叶いました。

吹奏楽団がマーチングバンドとして応援するということで
そのお手伝いを兼ねて同僚のみなさんと
ご一緒させていただきました。

ノーステキサス大学のホーム戦ということで
大学内にある会場で試合が行われました。
音楽ホールのすぐ近くの橋を渡るとすぐに巨大な会場が出現。
学生だけではなく、フットボールファンなどで
会場の周りはお祭り状態でした。
IMG_1205.jpg
写真の後方に橋があります。その奥がビックな会場。


ありがたいことにフィールドから会場に入らせていただき
フィールド横でマーチングバンドの素晴らしい演奏や
選手紹介のムービー、試合そのものを観戦させていただきました。
こんなにありがたすぎる場所から観戦させていただけるとは
夢にも思いませんでした。

マーチングバンドのショーだけではなく、試合の間も
ずっと重たい楽器を抱えて応援を続ける吹奏楽団のパワーや
ダンスで会場を盛り上げるチアリーダー、
得点が入る都度フィールドを盛り上げるフラッグ隊、
学生のみなさんの凄さを間近で見ながら
私自身もここの学生になったかのように
ノーステキサス大学を全力で応援しました。
大学ならではのフリも一緒に踊りました。
使えない英語でもいつの間にか応援していました。
メインはフットボールですが、それだけではない
学生のみなさんが持っているエネルギーを
もったいないほどに吸収させてもらえたように思います。
IMG_1206.jpg
会場の迫力に思わず一枚。

IMG_1212.jpg
マーチングバンドのパフォーマンスも圧巻でした。

IMG_1239.jpg
試合はどんどんヒートアップ。

IMG_1240.jpg
三日月も綺麗でした。


試合は前半はかなりノーステキサス大学が有利でしたが、
終盤で同点に追い込まれ、せめて同点で終わってほしいと思っていたら
最後20秒ほどで劇的に得点が入り最高に気持のイイ勝利となりました。

吹奏楽団もダンスもフラッグも観客も大盛り上がりでした。
私も試合終了後に応援全体の円陣に入れていただき
肩を組ませていただきました。
本当に夢のような観戦&応援をさせていただきました。
ありがとうございました。特にお世話になった同僚のみなさん、
吹奏楽団の指揮をされた先生に改めて感謝申し上げます(日本語ですいません)。
IMG_1243.jpg
記念に一枚。

IMG_1245.jpg
夢のような観戦&応援でした。


興奮さめぬまま知人宅に帰宅。
デントン最終夕食は知人の手作り料理と最高の興奮をおつまみに
最高に美味しい夕食となりました。
IMG_1246.jpg
乾杯のビールとチーズ。
スポンサーサイト
20:28  |  旅行・プチ旅・散策  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://maimayispitz.blog50.fc2.com/tb.php/2747-dabdbd0c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |