FC2ブログ
2019年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.09.12 (Mon)

ロックロックこんにちは!Ver.15 ANNIVERSARY 怪人 十五少年反抗機

9月10日土曜日このライブに行かなきゃ私の夏は終わらない!ということで、
スピッツ主催の野外フェス”ロックロックこんにちは!”
に行ってきました!!今回の開催場所は大阪の舞洲という
小島のようなところでした。

今回が初の大阪だったので、色んな意味でドキドキ
しながら向かいました。それでも新幹線は本当に早いですね。
新横浜から2時間15分ぐらいで新大阪に到着してしまいました。
大阪は晴天のなかの晴天で、太陽が真夏のようなギラギラさでした。
そんなギラギラの太陽の光を浴びつつ、会場に向かう前に
どーしても大阪城を見たくて大阪城に行きました。
駅から降りてすぐかと思いきや、かなり歩くうえに高台に
なっていてあまりのお堀の立派さに驚きました。
大阪城の前に到着するとライブ前だというのに汗をかきすぎていました。
そのせいか大阪城が涼しそうに見えました。もっと派手な雰囲気が
あるのかと思っていたのですが、どっしりと落ち着いた綺麗なお城でした。
そして、またまた駅まで汗をかきながら戻りました。
SANY1829 - コピー

SANY1832 - コピー

大阪城に別れを告げて、ライブ会場へ。
ライブ会場には桜島という駅からシャトルバスが出ていました。
シャトルバスから降りた後も、誘導のまま相当なキョリを歩き
やっとのことでで会場に到着。
会場はまさに海が横にあるようなところでした。
SANY1834 - コピー

すぐにシート席にゴザを敷いて場所を確保。一人だと
ほんのちょっとのスペースで十分なので随分前方に行けました。
この日の暑さはホントに厳しかったので、暑さ日焼け対策を万全に!
そして、ご飯を買いに屋台ブースに行くとカキ氷の屋台が
長蛇の列となっていました。それをよそにたこやきを購入。
でも、やっぱり人が持っているものって美味しそうに見えてしまい
結局カキ氷の長蛇の列に並び、マンゴーカキ氷をゲット。

席で一人カキ氷をほお張っていると、フェスがスタートしました。
正面の大画面に面白アニメが映し出されてお話がスタート。
ちょっとスピッツも登場!そして、トップのPeople In The Boxが登場。
トリオバンドでした。ちょっと不思議な空気が漂ってる~と思いながら
カキ氷をほお張り聴いていました。
歌やメロディーを表現する言葉がよくわからないのですが、
迫力がビシバシと、特にドラムがかっこよかったです。
ただちょっとドラムの方のテンションにはついていきずらかったです。
トップから異質な空気を放っていて、なのに改めて自宅で聴こうと思いました。

SANY1836 - コピー

そして次は、S.R.Sというバンドが登場。
若い男の子4人組みでした。トップの方たちよりも健康的な感じでした。
周りからもかわいい~なんて声が多々上がっていました。
私はたこ焼きをほお張りながら聴いていました。
ついつい聴きやすくて、ランチタイム~になっていました。
ボーカルの方の声が心地よくて気持ちよかったです。

カキ氷とたこ焼きで満たされた後に登場したのはHY。
待っておりました。生で聴けるのを待っていました。
登場するところからかっこよくて、メンバー全員が舞台に
登場した瞬間から気持ちよさそうな表情をしていました。
あいさつから沖縄の言葉の響きもいいですね。
みんな私よりも1,2歳若いのですが貫禄が違います。
歌声も、演奏も、盛り上げ方も、トークもめちゃくちゃ上手。
歌声、演奏は今さらではありませんが生で聴いてゾクゾクしちゃいました。
盛り上がりすぎてゴザの上でジャンプしていあたら鞄を
踏みつけていました。HYの世界にひとときでしたが
たっぷりと浸らせてみらいました。今度はワンマンに行きます!

HYの後はちょっと眺めの休憩タイム。
お腹いっぱいになって、動いて、汗かいて
そこで寝るわけにはいかないのでライブ会場を散策したり
大画面に映し出された面白映像をみていたりと、
あれやこれやをしていたらあっという間に休憩タイムは過ぎ

約1年ぶりにお会いする奥田民生さんがdetroit7を引き連れて登場。
スタンディングエリアがぎっしりとなっていました。
民生さんはいつものようにT-シャッツで脱力な感じでアチ~と
言いながらも演奏を始めると、もう違う世界へ。
ホントにカッコイイです。何なんでしょうあの声の良さと
ギターの上手さは。ずるすぎます。トークもおちゃめで、はにかんで
笑うところがオジサンなのに可愛くてずるすぎます。
detroit7もかっこよくて、ボーカルでギターの女性、ドラムの女性、
ベースが男性のトリオバンド。ド迫力でした。ドラムの女性はドラムを
食べちゃうようなそんな勢いがありました。
民生さんがdetroit7の曲を演奏して歌っていましたが、それも民生さん
ワールドになっていたように思います。ずるいです。
今年も民生さんに胸をわしづかみされました。やっぱりずるいです。

民生さんがさらに暑苦しい奴がでてくるからと言って登場したのは
ナオト・インティライミさんです。
ずーーーーーーーーーーっと、動いて歌って動いて喋って動いていました。
歌唱力とパワーに脱帽です。楽しくて、面白くて、とっても真面目な人でした。
どの曲も優しくて、気持ちよかったです。
一緒に動きすぎて、タオルがボロボロになっていました。
だけど、野外のフェスだからいつも以上に跳ねて騒げてしまいます。一人でも。
ナオト・インティライミさんで正直こんなに楽しくなれると思っていませんでした。
それだけに、すごくすごくすごく楽しかったです。
曲もまたじっくり聴きたいです。

動き過ぎた後は、日もちょっとずつ落ちてきていました。
そこに登場したのは今日の王様YO-KINGさんです。
一曲歌った後にすぐにゲストとして民生さんが再びステージに。
民生さんとYO-KINGさんの歌声がちょっと哀愁があって日暮れに合っていました。
その後再びゲストが、中井戸CHABO麗市さんが登場。
忌野清志郎さんの曲を歌ってくれたりしました。
CHABOさんや清志郎さんのことは詳しく知りませんが
知っている曲もいっぱいあったり、知らなくても落ち着けるし
カッコイイって思えて、ロックについても何もわかっていなくても
色んなコトを感じられてありがったかったです。
YO-KINGさん、ゲストに頼りすぎですよ~。

SANY1838 - コピー

日もほぼ落ちて気持ちよい風のなか登場したのは吉井和哉さん。
白いシャツとパンツ姿で現れた瞬間のかっこよさに目が奪われました。
周りからは悲鳴が上がっていました。その気持ちわかります。
ギター姿も、ハンドマイク姿も、ステージを歩いている姿も
セクシーで、地声もセクシーで、あの目力もまさに吉井さんです。
以前に一度生で歌声を聴いたことがあったのですが、
今回はその時以上の素晴らしさを感じました。
最近の曲からイエモンのころの曲まで披露してくれました。
吉井さんも盛り上げ?誘い?上手で大合唱となったり、
ラストには再び民生さんが登場して吉井さんの曲を2人で熱唱してくれました。
民生さんは「お姉ちゃん!」客席に向かった叫んでばかりいましたが
それも良しといった感じで大盛り上がりでした。

そしてそして最後に登場したのは、スピッツ!
会いたかったです。待ちに待っていました。
最初の曲は涙がキラリ☆でした。
曲は盛りだくさんでした。ハイロウズのカバー曲やライブでは
久しぶりの曲などなど、どれも月が浮かんだ夜空の下に合っていました。
メンバーはいつも通りでしたが、いつもよりなんとなく
大きく見えたような気がします。
他の人たちよりもちょっとトークが多かったのか
正宗さんと三輪さんが随分頑張って喋っていたように思います。
特に正宗さんは、今年に入ってようやく元気な表情を
見られような、そんなふうに見えました。歌っているときも
トークのときもずっとにこやかで、目がキラキラしていました。
その表情を見られただけでもめちゃくちゃ幸せでした。
歌声にも包まれて、スピッツのメロディーが響きわたって
今ここにいるんだなぁって実感をおもいっきり感じられました。
大阪まで来て本当に良かったなと思いました。
最後の最後まで正宗さんがステージからありがとうと言ってくれていました。
私の声は届いていなくても久しぶりにステージの正宗さんに向かって叫んでいました。

ライブの最後の最後で花火まで打ち上げられて
今年の夏の締めくくりにふさわしい最高の1日となりました。
ありがとうございました。
スポンサーサイト



23:56  |  ライブ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://maimayispitz.blog50.fc2.com/tb.php/645-d4dff6d0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |